インシデント・アクシデントレポート作成支援ツール

インシデントレポートは院内の医療安全意識を高めるために作成するものです。

発見→対応→分析→改善の繰り返しです

決まった書式は存在せず5W1H(What・Where・When・Who・Why+How)を基本に報告し、皆で情報を共有するのが目的で、さらに事故内容を分析し再発防止に役立てます

KICSの特徴

簡単な選択入力方法

ログイン時に入力、編集、閲覧、承認の権限レベルが決まります

カテゴリータイトルから入力チェックボックスを選択するだけの簡単報告

患者状態や発見者、ご操作時の状況や環境は必要な項目のみチェックするだけで状況を報告

報告状況の分析も回答内容を見ながら文章化できるので報告事項の漏れもありません

報告書作成

excelと親和性の高いM/S Accessを採用し自由な形式にデータを出力できます

テンプレートにデータ出力後はボタン一つでグラフ化が可能です

複雑な報告書もofficeシリーズとの連携で様々な報告書に加工できます

分析・集計は3階層、個別項目ごとに選択可能

発生を事象を6つに分類し、カテゴリー集計、分類集計、項目集計が期間で集計できます

集計結果はexcelに出力され、グラフテンプレートによりグラフ出力できます

質問項目を自由設定

日本医療機能評価機構の質問項目にマッチした自院だけの項目設定ができます

全ての質問項目、タイトル(カテゴリー)が自由に編集、設定できます

 

 

 

レポート管理者の職責レベルごとに閲覧・承認権限を任意に設定

利用者権限は閲覧許可・入力修正・承認を職員ごとに4段階のレベルが設定できます

【職員の利用者権限の設定と承認範囲】

閲覧権限・・・・一覧の閲覧のみ

一般権限・・・・本人の報告書入力・編集のみ

部門権限・・・・部門の分析資料への入力・編集、部門の報告書の入力・編集および部門内の報告書の承認

管理者・・・・・全ての分析資料への入力・編集、全ての報告書の入力・編集および全員の報告書の承認

※管理者の承認は複数の管理者承認を兼務できます

アクシデントレベルごとの入力・範囲の制限

分析が必要なアクシデントレベルの事象の入力時は、詳細情報の入力を促します

1事象に複数レポートが存在する場合や常習アクシデント患者の傾向をサマリー表示

分析サマリー機能により、アクシデントレポートのサマリーを表示しながら「改善情報」などの入力ができます

質問カテゴリーの階層化と詳細項目の設定

回答者が理解しやすいようにカテゴリー別に質問を自由に設定できます

その他の補足説明も入力でき、回答の範囲が広がります

例)☑その他(ここに説明を入力できる)